情報技術を取り入れたプロスポーツ市場

競技中の選手のデータ(心拍数等)を採取し分析した結果に基づき、練習内容や選手交代のタイミングを決めているとのこと。

以前、バレーボールの試合をテレビで見ていたら、選手の心拍数がテレビ画面左側に表示されているのを見た気がします。
スポーツ界にも徐々に情報技術が取り入れられているのを実感した記憶があります。

この特殊なユニフォームを着ることで、心拍数がわかるという技術ですが、ストレスや疲れもわかるというのであれば、スポーツ界だけでなく色々な業種に応用できそうな気がします。
「特殊なユニフォーム⇒身に着けるのが簡単なもの(シールとか)」になればより応用しやすいでしょう。

例えばサラリーマンの場合、どの事業部にストレスがかかっているかとか、社員の健康管理に一役買うのではないでしょうか。
さらには、人間関係の分析にも役立ち、社内環境の改善につながるかもしれません。
パワハラとかの抑制力もあるかも?

心拍数もとに試合時を再現 スポーツITの練習革命|オリパラ|NIKKEI STYLE

プロスポーツ市場でIT(情報技術)の存在感が高まっている。心拍数など競技中の選手のデータを採取し分析した結果に基づき、練習内容や選手交代のタイミングを決めている。日々の食事やけがの情報を解析することで選手寿命が特定できるようになるともされ…

SPONSORED LINK



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする